Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

減額の日々

house 4 は減額の見積り最中で首を長くして待っている状況です。

それを追うように、house Ot も予算を超えてしまった。

図面をじっくり見ていると内容としては1階の要素が多く2階はおまけみたいなプランの為、潔く平屋案を提案。

打合せにて平屋案で進むことに。ご主人は平屋住まいが理想の為嬉しそう。

奥様は部屋の面積や収納などで悩まれており、内部のプランを何案も提示し納得をしてもらった。

元々の基礎面積から増えてしまったが、仕様や工法でコストを抑え予算と面積を守る方向で進んでいます。

求められている内容はかなりローコストである。

プランが決定した後のここ数日、様々な減額要素を考えながら図面を描きなおしている。

完成時期も決まっているので、とにかく早く早くと気持ちも熱いうちにあっという間に仕上げた。

帰宅後も作業をしかなり集中し続けたので、終わった途端頭がふらふらしている。

 

しかし、ご主人も申しておりましたが、平屋案に進んだ後に、これだけプランを短期間に提案してくれた事はありがたいとの事。

自分でも粘り強くスピーディーに対応できたと思う。

単に既製品を乱用したり、施工業者さんを叩いたりして減額することは私は好きではない。

やはりもっと良い策ががあるのではないかと考え抜くことが大事だと思う。

もちろん施工者さんからも意見を募り、コストパフォーマンスが優れた材料や工法を教えてもらう。

とにかく粘り強く諦めないことが大事だと思っています。

あとはこの作戦が実になる事を願うばかり。実現できればローコストだけども豊かな住まいになると思います。