Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

たけうま

houseMk #snowdesignoffice#スノーデザインオフィス#静岡#島田#藤枝#焼津#掛川#三重#愛知#岐阜#設計事務所#建築設計事務所#住宅設計#住宅#新築#増改築#リノベーション#インテリアデザイン#デザイン#ハウスデザイン#庭#植栽

8月に入り、7月とは打って変わって猛暑が続いてますね。

急な暑さに体が慣れず、体調を崩す人も多いようで、事務所界隈でも日中救急車のサイレンが鳴り響いております。

リフォームの工事も始まり、大工さんが多量の汗を流しながら作業を進めてくれています。

そんな姿を見ていると出来る限り負担を減らしてあげたく掃除や物の移動などの雑用サポートをして一緒に汗を流していますが、あまりの暑さにすぐにバテて水分補給をしてしまう。

こういう時は一人で仕事をせず互いに声を掛け合うことが大切だと肌で感じます。何より命が大事です!

 

外回りついでに、houseMkの近くを通たので寄り道。

家の様子や庭木の様子をチェック。

室内は大きな問題なく過ごせているようで何よりでした。

来たついでに庭木の枯れ枝払いや雑草抜きをして気持ちの良い汗を流し、息子さんとカマキリを捕まえるなどして有意義なひと時を過ごしました。

リビングの桜の柱に幼稚園で作った七夕の短冊や折り紙のクワガタなどが貼られており、楽しみながら住まいと暮らしが密接に関係できていることが嬉しくおもう。

 

たけうまに せんかい のりたい  と可愛いお願い。

 

願いが叶いますように☆

 

我が家の息子の今年の願いは、 仮面ライダー1号になりたい と初代ライダーという渋いチョイス。

 

インプット

あさつゆ  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

気づけばもうすぐ7月も終わってしまう。

7月はこれから始まる新築現場や小さなリフォームの現場などの準備期間で、

早く現場が始まって賑やかな日々を送りたいとうずうずしておりました。

しかし、じっくり設計に直結しない事や物を考えたりする時間も多くとれて、インプットする時期でした。

明日から小さなリフォーム工事も始まり、現場監理などで外での仕事が増えていきます。

新築の工事もお盆明けには始まる予定なので、ちょっと事務所に居る時間が減りそうです。

それもまた楽しみであります。

 

写真は、早朝の散歩にて、我が家の田んぼの稲穂を撮影。

大分大きくなってきておりましたが、日照不足で少しいつもより小さい気もする。

庭に植えたトマトも、なかなか赤くならない。

息子たちも休みになる度に天気が悪く、元気よく体を動かせず…

陽の光の大切さを感じさせられた7月。

8月は気持ちの良い青空が続くといいな。

思い出の地

名古屋  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

先月、名古屋に住んでいた時の思い出の地へ友人たちと。

もう10年以上前の事。やりたい夢や想いは大きかった。でも力が無かった。

あの悔しい思いをしていた日々を思い出した。

今それぞれ独立し自身の道を歩いている。

 

あの頃の熱い炎はまだ消えていないか?

そんなことを過去の自分に言われた気がした。

 

 

 

木材視察

木材丸太1  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

木材丸太2  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

木材丸太3  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

先日、建具屋さんからお付き合いある材木屋さんに良い丸太が入ったそうだと言うことで、大工さんと丸太を見に連れて行ってくれた。

ロシアからのタモとオーク。曲がりの無い目の詰まった4m材。

その場で、皆で話していたが、丸太で買ってもかなりのロス(捨てる部分)が出るそうで、丸太買いのメリットとデメリットを教えてくれた。

丸太で買うと同じ気候の産地で育った木なので、質感がほとんど同じで違和感が無く、1軒の住宅で質感が保たれるという訳である。

ただ、こういう機会を逃すといざ欲しいという時になかなか無かったり、板状に引かれた材料を考えると丸太の方が単価としては安い、しかし今急ぎで使うわけでもない。

つまり、先を見据えて購入するという先行投資なのである。

この様に既製品を使わず天然の物を扱う業種はなかなか難しい事を改めて知らされた。

資金繰りなどきっと大変なんでしょうが、彼らの様な木材を大切にしていつも要望に応えてくれている事を知ったら頭が上がらない。

1軒の住宅を作るのにこうして見えない努力があって出来上がっているのもまた感謝感激である。

とりあえず、購入は保留。(僕は買えないので口は出さず)

 

しかし本当に良い材料で、これで一軒丸々枠廻りや造作、建具や家具を作ったら何とも上品な建築が出来るだろうな~と皆で想像しておりました。

そんな住宅を作ってみたいものである。坪単価いくらになるんでしょ…

オークでなくても、安価な杉ヒノキを1軒の為に丸太から選び、小さな住宅でも素材の素からじっくり吟味した住まいづくりをしてみたい!

そんなご依頼お待ちしております。

 

あらたに

新年度がスタートしました。

新元号も発表され、働き方改革や新たな技術が次々と生まれ実用化されており新しい時代に突入する瞬間を感じています。

Snowdesignofficeは4月で5年目としてスタートを切りました。

誰のために何のためにものづくりをしているか今一度見つめなおし、その建築に携わる、クライアント・施工者・設計者が敬意を持ち合いフラットな立場で一つの建築を共に作り上げる関係を実践していきたいと思う。

「ありがとう」と携わった一人ひとりが感謝し合えるものづくりをめざして参ります。