Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

杉板外壁

#house4 #外壁2#snowdesignoffice #スノーデザインオフィス #新築 #増改築 #リノベーション #住宅設計 #店舗設計 #建築設計事務所 #注文#住宅 #島田 #藤枝 #焼津 #掛川 #静岡 #愛知 

house 4 の現場へ

外壁の杉板を張り始めている。

節があり、赤白の色味のばらつきがある板で自然な姿がとても良い。

経年変化して落ち着いてくるのが楽しみです。

 

house Kd

#houseKd #プレゼン#snowdesignoffice #スノーデザインオフィス #新築 #増改築 #リノベーション #住宅設計 #店舗設計 #建築設計事務所 #注文#住宅 #島田 #藤枝 #焼津 #掛川 #静岡 #愛知

先日新規のプレゼンテーションをさせて頂きました。

houseOtの見学会や引き渡しもありバタバタとしており、

プレゼンのご依頼から大変お待たせしてしまい申し訳なかったです。

プランを何度も見直し、調整し、粘りに粘りこれで行こうと思いプレゼンの支度をしましたが、

土壇場になり良いプランがひらめき、別案も提案させていただく事となりました。

プランニングは答えが無いので自問自答を繰り返す楽しかったり苦しかったりの日々です。

 

結局両案とも気に入って頂きましたが、土壇場で導いたプランを基に設計を進めることとなりました。

良い住まいになる様、お施主様と一緒に楽しみながら頑張ります!

 

杉板外壁

#house4 #外壁1#snowdesignoffice #スノーデザインオフィス #新築 #増改築 #リノベーション #住宅設計 #店舗設計 #建築設計事務所 #注文#住宅 #島田 #藤枝 #焼津 #掛川 #静岡 #愛知 

house4 の外壁は杉板で仕上げます。

着色ではなく杉そのものの色とする為、表面に浸透性のクリア塗装。

先日お施主さんご夫婦と三人で一日かけて塗装をしました。

結構な枚数があり、外で乾かしている光景が杉のダブルスキンとなっており面白い。何か新しい可能性を感じました。

途中雨が降ってきたりして急いで中に運び、拭いて、束ねてと皆で分担をしてスムーズに終えることが出来ました。

お施主さんご夫婦は自分で何をすべきか考えて行動が出来る方々でしたので、その仕事ぶりを見ながら、効率よく仕事ができる方なんだなと感心しました。流石です!

外壁の塗装は、コストを抑えるという目的が主ではなく、お施主さんが家づくりに何かで参加したいということで、外壁を塗ろうという事になりました。

休憩中の他愛もない会話もとても良かったです。設計の打ち合わせの時とは違ったコミュニケーションがとても良いです。

取り急ぎ1回塗をし、板が張られたら2回目を塗布します。

2回目も楽しみです。愛着が湧きますね~。

 

見学会を終えて

#houseOt #見学会5#snowdesignoffice #スノーデザインオフィス #新築 #増改築 #リノベーション #住宅設計 #店舗設計 #建築設計事務所 #注文#住宅 #島田 #藤枝 #焼津 #掛川 #静岡 #愛知

3日間にわたる house Ot の見学会を終えました。

予定より多くの方々に見学していただき、大変うれしく思います。新型ウィルスが騒がれている中、お越しいただきありがとうございました。

日曜日には花八珈琲さんにお茶出し等のお手伝いもしていただき感謝いたします。

普段人に会って話す機会が少ないので、3日間立ちっぱなしでお話をするととても疲れるものです。もっと耐力をつけなければとも思いました。

そしていつもながら、もっと上手にお話が出来ていればと反省。

しかし皆さまじっくり見て頂き、鋭い質問や感想もして頂いたのでとても充実した時間となりました。

当日急に来られなかった方もおりましたが、現在施工中のhouse4が6月頃見学会が出来る予定ですので、是非そちらもお越しください。

そして快く見学会を開催させていただいたお施主様に感謝です。

皆様ありがとうございました。

居場所

#houseOt #見学会4#snowdesignoffice #スノーデザインオフィス #新築 #増改築 #リノベーション #住宅設計 #店舗設計 #建築設計事務所 #注文#住宅 #島田 #藤枝 #焼津 #掛川 #静岡 #愛知

houseOt

週末の見学会に向け準備をしています。

椅子を置くと、自然とそこに居場所が生まれ、気配も感じる程。

テーブルや椅子を置くとその様な状況が現れます。

設計でも居場所や気配を感じられるような空間が出来る様に心がけています。

それは手触りだったり素材の持つ力だったり、血が通った様な生々しさを感じられる、見た目では感じられないもの。

更には、思考し続けた設計や、職人さんたちの想いなども随所に宿る事で、生きた建築になるのではないかと思っています。

見た目では感じられない、家具の様な手触りが良く、身体により近い生きた建築を作りたいと年々強く思っております。

ん~何だかうまく書けず、伝わりにくい事を伝えることは難しい。

しゃべりもうまくないので言葉でも伝えられないですし…(そう、いつも見学会でもうまくしゃべれず後悔ばかり…)

もっともっと自身がやるべきことがあるし最良のものづくりを目指していきたい。

もうすぐ事務所を開業して満5年になるので、これまで経験してきた事を基に自分らしいものづくりを更に発展させられないか模索をしているところです。