Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

地盤調査

house4 houseot 地盤調査snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

house 4 と house Ot が丁度同じタイミングで敷地が更地になり、地盤調査を行いました。

両方とも現地で立ち会い見ていましたが、ところどころ良くなさそうな感触…

いつも地盤調査は当たりくじの様なもので、良い地盤でありますようにと心で願いながら眺めていますが、

ス~っとロッド(先にスクリューが付いた棒)が地面に吸い込まれていく様を見た時は、「嗚呼~」とため息が出ます。

設計者としては(施主さんも同じですが)地盤が良く、地盤改良の費用を建築に費やせればと毎回思いますが、こればかりは仕方がない。

調査の後に報告書が届き確認はできるものの、やはりこの目でちゃんと確かめたいと毎回現場を立ち会っております。

想いが届かない時もあるものです。

 

思い出の地

名古屋  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

先月、名古屋に住んでいた時の思い出の地へ友人たちと。

もう10年以上前の事。やりたい夢や想いは大きかった。でも力が無かった。

あの悔しい思いをしていた日々を思い出した。

今それぞれ独立し自身の道を歩いている。

 

あの頃の熱い炎はまだ消えていないか?

そんなことを過去の自分に言われた気がした。

 

 

 

減額の日々

house 4 は減額の見積り最中で首を長くして待っている状況です。

それを追うように、house Ot も予算を超えてしまった。

図面をじっくり見ていると内容としては1階の要素が多く2階はおまけみたいなプランの為、潔く平屋案を提案。

打合せにて平屋案で進むことに。ご主人は平屋住まいが理想の為嬉しそう。

奥様は部屋の面積や収納などで悩まれており、内部のプランを何案も提示し納得をしてもらった。

元々の基礎面積から増えてしまったが、仕様や工法でコストを抑え予算と面積を守る方向で進んでいます。

求められている内容はかなりローコストである。

プランが決定した後のここ数日、様々な減額要素を考えながら図面を描きなおしている。

完成時期も決まっているので、とにかく早く早くと気持ちも熱いうちにあっという間に仕上げた。

帰宅後も作業をしかなり集中し続けたので、終わった途端頭がふらふらしている。

 

しかし、ご主人も申しておりましたが、平屋案に進んだ後に、これだけプランを短期間に提案してくれた事はありがたいとの事。

自分でも粘り強くスピーディーに対応できたと思う。

単に既製品を乱用したり、施工業者さんを叩いたりして減額することは私は好きではない。

やはりもっと良い策ががあるのではないかと考え抜くことが大事だと思う。

もちろん施工者さんからも意見を募り、コストパフォーマンスが優れた材料や工法を教えてもらう。

とにかく粘り強く諦めないことが大事だと思っています。

あとはこの作戦が実になる事を願うばかり。実現できればローコストだけども豊かな住まいになると思います。

 

石探し

house4 石探しsnowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

house 4

施主さんと解体屋さんの土場へ石探し。

石の山から、同じ種類の石や、欲しい石を選び、動かせるサイズの物は施主さんと力を合わせて分別。

結構な数を転がしながら移動してテープで目印。

これらは、建設地の解体が終わった後に運搬し敷地に仮置きします。

これ以外のビクともしない大きな石は、作庭時にユニックで運んでもらうと思います。

天気も良く暑い中、良い汗をかいた。

施主さんには事前に現地の状況を伝えればよかった。

綺麗な服が汚れたり汗だくになってしまい申し訳なかったです。

この場を借りて申し訳ございません。

しかし、石を運びながら施主さんも、体を動かし石を運ぶことで庭がより愛着が湧くと楽しそうで良かったです。

庭づくりが楽しみです。良い庭をつくりましょう!

その前に、建築費の再見積もりが気になる。何とか納得いく金額に納まるように願うばかりです。

 

もう一つ見積中の house Ot も予算越えを視野に入れ、先手で減額案を模索中。

どちらも苦しい局面ですが、何としてでもこれを乗り越え着工させねばという責任が重い。

諦めないで頑張ります。

 

木材視察

木材丸太1  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

木材丸太2  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

木材丸太3  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

先日、建具屋さんからお付き合いある材木屋さんに良い丸太が入ったそうだと言うことで、大工さんと丸太を見に連れて行ってくれた。

ロシアからのタモとオーク。曲がりの無い目の詰まった4m材。

その場で、皆で話していたが、丸太で買ってもかなりのロス(捨てる部分)が出るそうで、丸太買いのメリットとデメリットを教えてくれた。

丸太で買うと同じ気候の産地で育った木なので、質感がほとんど同じで違和感が無く、1軒の住宅で質感が保たれるという訳である。

ただ、こういう機会を逃すといざ欲しいという時になかなか無かったり、板状に引かれた材料を考えると丸太の方が単価としては安い、しかし今急ぎで使うわけでもない。

つまり、先を見据えて購入するという先行投資なのである。

この様に既製品を使わず天然の物を扱う業種はなかなか難しい事を改めて知らされた。

資金繰りなどきっと大変なんでしょうが、彼らの様な木材を大切にしていつも要望に応えてくれている事を知ったら頭が上がらない。

1軒の住宅を作るのにこうして見えない努力があって出来上がっているのもまた感謝感激である。

とりあえず、購入は保留。(僕は買えないので口は出さず)

 

しかし本当に良い材料で、これで一軒丸々枠廻りや造作、建具や家具を作ったら何とも上品な建築が出来るだろうな~と皆で想像しておりました。

そんな住宅を作ってみたいものである。坪単価いくらになるんでしょ…

オークでなくても、安価な杉ヒノキを1軒の為に丸太から選び、小さな住宅でも素材の素からじっくり吟味した住まいづくりをしてみたい!

そんなご依頼お待ちしております。