Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

設計を楽しむ

新年に入り、ほとんど外に出ることなく、事務所に缶詰め状態で図面に専念しています。

インフルエンザの脅威に怯えあまり外出しないのもありますが…

おかげで、手掛けている設計が良いスピードでズンズン進んでいます。

このスピードがとても心地よい。

それは、信頼してくれている施主さんのおかげでもある。

皆さんありがとうございます。

互いの信頼無くして、良いものづくりは出来ませんから。

何より設計をお互いに楽しめているのが一番良い。

完成した住宅に住み豊かに暮らすことはもちろん、

設計中・施工中も最初から最後まで共に楽しめることを目指しています。

 

ヒアリング

ヒアリング 本  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

先日、新規プランニングの為のヒアリングを行いました。

ヒアリング時に参考資料として持参していただいたお料理の本を見せて頂きました。

この本の内容の質感が好みだそうで、パラパラっと見させていただきましたが料理をする空間や揃えているもの、本の装丁も含めてとても良かったので、早速私も購入しその質感や空気感を共有しプランに活かせたらと思います。

 

もう一つ、houseMkのご家族に食事会に招かれ家族同士で楽しいひと時を過ごしました。

帰り際に、施主さんから建築家であるご両親が所有していた有難い本を頂きました。

本には付箋が挟まっており、そのままの状態で頂き、もう会うことのできない建築家が何を感じ取り何を思ったのか、この本を通じて先人の知を追うように学ばせていただこうと思います。

 

自身では知る事の無かった大切な知識や情報を、ヒアリングなどを通じて教えて頂けることはとても楽しみであります。

常にいろんな物や事を取り入れながら学び続けていかねばなりません。感謝!

KAZUYA OZAWA FURNITURE STUDIO

小澤一也 家具作家  snowdesignoffice スノーデザインオフィス 新築 増改築 リノベーション 住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

works に 木作家 小澤一也氏の工房 KAZUYAOZAWA FURNITURE STUDIO を掲載しました。

 

小澤一也氏とは互いの妻が友人であることから、数年前に知り合うこととなった。

出会った頃は、彼は富士宮を拠点にしながら製作をしており、ちょうど私の自邸の設計中だったのでダイニングテーブルを依頼したいと富士宮の工房へ家族と共に伺った。

富士宮の工房は、とても小さな小屋にぎっしり機械や道具が詰まった状態で頑張って製作をしていた。

小澤氏は建築も学んでいたこともあり、話が合い、会う度に建築や家具、アートなど ものづくりの事について熱く話し合う関係となり、彼のものづくりの姿勢に感銘を受け、良い刺激を頂いている。今ではかけがえのない存在となっている。

 

そんな彼に、house K の見学会で作品の展示をしてもらいました。

その時に、隣の敷地に施主様のご親族が所有する大きな空き工場があり、冗談交じりに ここ借りてみたら と言ってみたら、話が進んでこちらに移住し借りることとなった。

冗談で言ったことが、現実になってしまい、重く責任を感じました。

借りる住まいも見つかり、まずはそちらのリフォームのお手伝いもさせてもらった。

家族や親族みんなでペンキまみれになって、しまいにはインフルエンザになり楽しい良き思い出となった。

 

移住が完了し、工房を稼働しながら、工房の一部を家具の展示や打ち合わせ、設計ができる場所の設計及び現場監督をさせて頂いた。

限られた予算の中で、最大限頑張ろうと、小澤氏、職人のみんな、私で力を合わせて汗を流した。

華美なデザインは排除し、既存の間取りや窓を変えることなく、岡部の山々に囲まれた良い環境をすっと受け入れるような無理のない設計とし、

小澤氏の作り上げる家具やオブジェクトの背景となるようにニュートラルになる場所を考えた。

細部の納まりは、現場で小澤氏と話し合いながら決めていった。

工事は予算の限界までやり、既存があらわしとなっている部分とくっきりとライン引きしている。

大工さんと共に一緒に施工をしたため施工方法も学べ、この先自身で内装を作る事もでき、時間をかけて徐々に完全体に向けて進んでゆく。

現段階で出来上がってみて、工事のプロセスや彼をサポートしたいと協力してくれた人々も含め、小澤氏らしい自然体な場所が出来たのではないかと思う。

 

それは、彼の ものづくりへのまっすぐな姿勢が皆を動かしたものではないかと思う。

そんな私自身も彼を良き友として、ものづくりの同士として、応援し続けていきたい。

 

是非、彼のつくる作品を実際に見て触れて、そして彼に会いに足を運んでみてください。

KAZUYA OZAWA STUDIO

421-1102 静岡県藤枝市岡部町宮島350-3

http://kazuyaozawa.net/

2019

新年 snowdesignoffice スノーデザインオフィス  住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 焼津 掛川 静岡 愛知 三重 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

本日より業務開始予定でしたが、数日前にちょっと早めにひっそりと仕事を始めていました。

本年スタートは、設計がいくつか重なっていますが、焦らず上手に頭を切り替えて効率よく進めてまいりたいと思います。

どの案件も楽しみです。施主さんの期待を上回るよう、楽しく元気に頑張ります!!

自分らしさ

年末 snowdesignoffice スノーデザインオフィス  住宅設計 店舗設計 建築設計事務所 注文住宅 島田 藤枝 静岡 愛知 三重 

皆さま、本年も大変お世話になりました。

本日で年内の業務を終了し、年明け7日より業務開始を致します。

(年末年始の休暇 12月28日~1月6日)

といっても、設計の仕事はキリが無い為、休み中もずっと仕事の事を考えたり、

空いた時間で自宅で設計活動をしているのが年末年始や長期休暇の過ごし方になってしまいます。

現在設計中の案件や、新規プランニングなど、何かしら休み中に動いていると思います。

 

今年を振り返ってみると、

大小合わせれば、多くの建築に携わる事が出来ました。

設計している時間より、現場に出ている方が多かったと思います。

独立してから、ずっと悩みの種だった 自分らしさ という物がやっと出来てきたと思います。

独立当初は、設計の表現方法ばかりに囚われてなかなか抜け出せない状況でした。

しかしある時、気持ちのままに素直に動けばいいじゃないか。

と自分に言い聞かせ、現場に足繁く通っている事そのものが自分らしさではないかと気が付き、

もっと職人さんと対話をしながらものづくりしようじゃないかと思ったわけです。

皆が気持ちよい現場にして、設計の想いを伝え、更に職人さんと共にアイデアを出し合う事。

設計監理という本来の設計者が行う業務を越えて、現場で一緒に肩を並べてものづくりする事が 自分らしいものづくり となったと思います。

この事は、自分の中で大きな自信となりました。

そしてこれに答えてくれる職人さん達に感謝です。

 

来年は設計する時間が多くなります。

設計の方ももっと力をつけて、設計と現場のバランスをうまく保ちより質の高いものづくりをしていきたいと思います。

来年もよろしくお願い申し上げます。

 

皆さま良いお年を!