Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

Workflow

1.お問い合わせ

Contact(お問合せフォーム)または お電話 からお気軽にお問合せください。

土地探しや、テナント探しからのご相談も承っております。
初期のご相談、面談、敷地等の視察には一切費用はかかりません。
お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

現場や打合せ等で出払い、電話が繋がらない場合がございます。その際はお手数ですがお問合せフォームよりご連絡ください。

2.お顔合わせ・面談

まずは、お会いさせてお話をお伺いいたします。
事務所へお越しいただくか、ご自宅やご都合の良い場所でも構いません。
設計事例など建築の資料を見ながらお話させていただきます。具体的な話以外でも、漠然とした内容でも結構ですので、お気軽にお話を聞かせてください。

3.ファーストプランニング

設計の提案を依頼したいと思っていただけましたら、ファーストプランをさせていただきます。
ご要望や想いなどヒアリングをし、現地を調査した上でプランニングに移ります。
約3~4週後にプレゼンテーションをさせていただきます。
この時のご提案は、あくまで確定という訳ではなく、今後の設計のベースとなるものであり、私共の考え方・方向性を示すものです。

4.基本設計・設計契約

基本設計は、建物の主軸をつくるプランの確定を行うものであります。
この段階では、何度も打ち合わせを重ねて、お客様と共にプランを練ってまいります。

設計監理料は、新築住宅の場合で建築工事費の 10 ~ 12% としています。 規模や内容にて変動します。 (新築住宅の場合は最低 230万円)
リノベーションや店舗施設などの場合は打合わせ時にご案内させていただきます。

5.実施設計

基本設計のプランが確定しましたら、次のステップ「実施設計」へと進みます。
ここではさらに細かな寸法で、材料の仕様・窓や建具、造り付家具、設備機器など細かなものと寸法を決めていきます。

6.工事見積り・工事契約

実施設計図をもとに、施工業者を選定し見積もりの依頼をします。
見積もりが揃った時点で、お客様と見積書の確認を行います。
見積金額と予算のすり合わせ「見積り調整」を行います。
見積もり内容に納得していただいた時点で、施工業者さんと「請負工事契約」を締結いたします。
設計事務所も見積り調整を一緒に行いますのでご安心ください。

7.確認申請

建物を建築する場合に、建築基準法に適合しているかの確認申請を特定行政庁または民間確認審査機関に申請を行います。
(申請料は設計監理には含まれておりません。建築の構造・規模により申請期間が異なります。)

8.工事監理

地鎮祭を執り行い、いよいよ工事スタートとなります。
お施主様にとっては、不安と期待が入り混じる時期であります。
工事が着工をしましたら、私どもが責任をもって設計図通りに工事が行われているか、お施主様の代わりとなって工事現場にて確認を行います。工事進捗状況を見て仕上げ材の確認なども工事現場にてお施主様と一緒に決めていきます。

9.各種検査・竣工検査

エリアによって様々ですが、特定行政庁または民間確認審査機関にて中間検査、完了検査の設計事務所立会のもと検査を実施いたします。
完了検査後、設計事務所とお施主様、施工業者さんとで竣工検査を行います。
検査内容によって、手直し工事を行います。

10.お引渡し

いよいよお引渡し。施工業者さんより建物の取り扱い説明を受け、鍵をお渡しします。
その後、1年点検を施工業者様とさせていただき、不具合が無いかチェックをさせていただきます。