Snow design office

Snow design office

Snow design office

© Snow design office

今週の出来事

 

house S

無事に確認申請の許可がおり、いよいよ工事着工に向けて動き出します。

庇が大きい建物なので、面積算定で審査官にお手間をおかけしました。

確認申請ではここ数年、審査を簡略化するため立面図をつけずに審査をしてもらいますが、

平面を見るだけでは建物の姿が想像がつかないようで、

帰り際に審査官から、立面が見たかった。良い建物をつくってください。

と、さりげない一言ですがうれしいものです。

これから現場が始まりますが、

良い監理をして、施工チームと共に良い建物をつくりたいと思います。

 

 

丸太 家具 Snowdesignoffice スノーデザインオフィス 静岡 島田 藤枝 住宅設計 設計事務所

桜 丸太 Snowdesignoffice スノーデザインオフィス 静岡 島田 藤枝 住宅設計 設計事務所

 

家具作家 小澤一也さんと共に、

いつもお世話になっている中道建築さんの工場がある川根へ。

目的は、丸太の下見です。

小澤さんは最近、削り出しの作品を作られているとの話を聞いたので、

中道さんのところに薪ストーブ用として川根の山で伐採した丸太があるのを思い出し、

作品作りに使えないか小澤さんに見ていただきました。

使えそうな材料もあった様で、良かった。

この丸太で、素晴らしい作品が出来ると嬉しいです。

 

グラフィックデザイン Snowdesignoffice スノーデザインオフィス 静岡 島田 藤枝 住宅設計 設計事務所

小学校からの同級生が、この度起業をする事になり

名刺や封筒などのお手伝いをしています。

久しぶりに違う作業をするのでなかなか楽しい。

まずはあいつに相談してみようって思っていただける事がとてもうれしい。

名刺は自分の分身。

さりげなく人の心に残るようなつくりにしたい。

 

という事で、建築設計以外にもデザイン全般承っております。

大きい小さい関係なく、同じスタンスで最善の策を考えてものづくりをしています。

小さなことでも気軽にご相談ください。

最後のカレー

カレーショップ愛 Snowdesignoffice スノーデザインオフィス 静岡 島田 藤枝 住宅設計 設計事務所

昨年末、惜しまれつつも閉店した島田の名店 「カレーショップ 愛」

私も最終日にお店に行きました。

いつもは旗指インター店に食べに行っていましたが、最後は駅前店のみでの営業でした。

たくさんのファンの方が並んでいてお店は大盛況でした。

つい先日、お店は閉店しましたが最後のカレーを作ったという事で、

とあるご縁でお裾分けを頂ける事になり、感激でした。

もはや「伝説」となった味。

じっくりと味わせていただきました。

 

地元で長く変わらぬスタイルでやり続ける事を、カレーを頂きながら考えておりましたが、

なかなかそう簡単に出来る事ではないです。

ご主人は、きっとお店を開いたときからずっと変わらぬ気持ちでいたでしょう。

そんな貫いた気持ちがとてもかっこいい。

 

このカレー一皿の重みに、身も心も引き締まりました。

この道に進もうと決心した頃の気持ちを忘れずにいたい。

カレーショップ 愛 の ご主人、おばさん、ありがとうございます。

 

 

15:07

offtone 15:07 Snowdesignoffice スノーデザインオフィス 静岡 島田 藤枝 住宅設計 設計事務所

昨日 OFFTONE の近くに行きましたので立ち寄らせていただきました。

飾られている物や、庭の植物も少しずつ増やしているそうで、

お施主様の色合いになっておりました。

軒下に吊るされた、風で揺らめくがゆっくりと流れる時を感じさせて良い感じでした。

立ち寄ったついでに、建物チェック。

入口ドアの建付けが少し良くなかったですが、

すぐに段取りして調整してもらえることに。

その他大きな問題も無く快適な状態で良かった。

 

お施主様と庭先でお話をしていると、

下校中の小学生が、

「今何時ですか?」と聞かれたので

腕時計を見て「15:07ですよ」と答えました。

 

現場中も、「ここ、何が出来るんですか?」

などいろいろ聞いてくる子が多かった。

現場の私たちも彼らに「お帰り~」「ただいま~」「こんにちは」と声を掛け合う様になりました。

些細な事ですが、この様なやり取りが自然とできる環境というか人間性がとてもうれしく思いました。

 

最近は、知らない人に声をかける事、挨拶をする事が少なくなっている中、

こうして子供たちから声をかけてくれる事で大切なことを教えてもらいました。

私も息子を保育園に送りに行く時に、先生はもちろん、登園した子供たちや、保護者の方に挨拶をしていますが、

子供たちよりも保護者の方が挨拶を返してくれないことがあり、寂しく感じます。

挨拶、声掛け、些細な当たり前の事ですが、コミュニケーションの第一歩ですから、大切にしたいものです。

 

現場監督時代の上司に、

「苦手と思う相手にこそ、しっかり挨拶をして話をしてこい。」

と言われたことが今でも忘れられない。

ANDWOOL

ANDWOOL 撮影 Snowdesignoffice スノーデザインオフィス 静岡 島田 藤枝 住宅設計 設計事務所

本日 ANDWOOL の撮影をしてまいりました。

毛糸を編まれてるお客様も居て良い雰囲気でした。

しかし本日は寒い!

週末は冷え込む様ですね、皆さま温かくしてお過ごしください。

撮影した写真は近々Works に掲載いたします。

お楽しみに。

* ANDWOOL のホームページのご案内 *

お店の情報や編み物についての記事が掲載されております。

インターネット販売もできますが、

是非一度お店へ足を運び、素敵な毛糸たちに触れてみてください。

ANDWOOL ホームページはこちら

杉の床板

housek-%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b01%e3%80%80snowdesignoffice-%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-%e9%9d%99%e5%b2%a1%e3%80%80

houseK

現場チェック。 天井の塗装も終わり、床貼が進められております。

今回の床板は、新しい事務所で使った床と同じ物で、厚30㎜の杉板に浮造りにしたもの。

事務所で使ってみた感想は、浮造りにより表面に凹凸がある為、足裏に優しく温もりを感じさせてくれます。

厚さ30㎜の肉厚感も足裏に伝わりとても良いです。そして滑りにくい。

杉なので柔らかく傷がつきやすいですが、浮造りになっている為目立ちにくいです。

何より安価なのに1本が4m近い材料になるので、個室位ならばジョイントが無く貼れダイナミックで、このところお気に入りの素材。